無知な僕と無茶と理想

キャンピングカーマッシュ、ナンシーと愉快な家族で行く、人生旅行記である

キャンピングカー購入するのか?記 第3話

はい、こんにちはナンシーです。
今回はキャンピングカーの話でいきたいと思います。

さて、キャンピングカーには色んな種類がある、って所で終わったと思うのですが「んなこと知ってるよ」とか「ちげーよ、そうじゃねーよ」とか厳しい意見は勘弁してください、凹むんで,,,。

日本ではキャンピングカーと呼びますが海外ではモーターホームとかって呼ぶみたいですね。確かに海外製のデカいのはモーターホームとかのが似合ってる感じはします。

で、種類としてはキャブコン、バンコン、バスコン、フルコン、軽キャン、トレーラー、トラキャンなど色々あります。
順にキャブコンってのはいかにもキャンピングカーっていう、運転席の上に部屋部分が乗っている奴ですね、あの出っ張った部分の事をバンクベッドって言うんですけど、それを知った当時はバとかベについている点が見えなかったらしく「パンクヘッド」と言っていました。
その時は自信満々だったのですが今だと非常に恥ずかしいです。

次にバンコンですが、日本だとハイエースが大半をしめてますね。基本的に外装は触らず内装加工だけを行った物です、窓だけ加工したものもありますね。

バスコンはバスです。はい、バスなんです、こちらもバンコンと一緒で内装の加工でキャンピングカーになっているものです。

フルコンはとにかくデカい奴です。
そろそろ僕の知識が怪しくなってきましたがツッコミはご勘弁を,,,だってフルコンとか買えないもの,,,。

次に軽キャンパーは日本で人気が出て来ているジャンルですね。軽自動車をベースにした小型のキャンピングカーです。男女問わず人気がありかわいい物やトランスフォームしたりする男心を擽る物もあったりします。

そしてトレーラーですが乗用車の後にヒッチメンバーと言われる金具を取り付け、そこに部屋だけのキャンピングカーを接続するものです。

最後にトラキャン。これはピックアップトラックや1t~2tのトラックの荷台に部屋部分を載せた物になります、使わない時は部屋部分を下ろしておけば普通の車として使用出来ます。

それぞれメリット、デメリットがあり何処で妥協するかは自分の使い方次第になりますね。

まあ、値段的なトコもあるので新車じゃなくても中古車って選択もありますよね。

さて、次回はそれぞれの良いとこ悪いとこ、僕事ナンシーはどのタイプが良いのか書いて行こうと思っております。それではまた。

至福のキャンピングカー入門―人生を10倍豊かにする

新品価格
¥1,800から
(2017/9/26 21:46時点)

キャンピングカーオールアルバム2017-2018 (ヤエスメディアムック531)

新品価格
¥2,484から
(2017/9/26 21:46時点)

軽&コンパクトキャンピングカー 2017 春 小さなクルマで楽しむ22のスタイル集 (Grafis Mook)

新品価格
¥600から
(2017/9/26 21:49時点)