読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンピングカー購入するのか?記 第6話

さて、前回からの続きです。

目的のバンコンを見た後はあまり興味が無かったキャブコンを見学に行ってみます。

ベースで使用されている車両がトラックなので期待していなかったのですが、乗ってみると,,,。

おお、スゴいなコレ。そう、最初に乗ったのがたしかバンテックと言う会社のZILと言うもので、先ずその広さにビックリしました。次に豪華さ、先ほどのバンコンも豪華でしたが広さのおかげでそれ以上に良く見えます。ダイネットありキッチンありトイレありベッドもしっかりしたものがついています。

いやあ、コレ家だな。立って歩ける事がこんなに快適だとはおもいませんでした。

でも高いんだろうな、と外に出てからプライスボードを見てみると!!!
う~わ、たかっ,,,。この値段ならね~とこんなには気にして無かったのです。

しかし先ほどのバンコンも中々高い,,,ポップアップルーフがつくだけで100万程アップ。

表示してある値段を見るたびにため息がでる始末、そこで中古車とか無いのかな?と探し始めます。

まずはネットで大手の中古車サイトで検索してみます、するとでるでる800件近い中古車両。その中からハイエースのポップアップ付きを検索,,,0件。

マジか‼1件も無いとかあるんだ、そうハイエースのポップアップはレアなんです。それから1ヶ月程してお目当てのハイエース(コンパスでした)がみつかります、がた、高い,,,。10年近く経っていて距離も10万㎞近く走っているのにこの値段、キャンピングカーの中古車を舐めていましたね。

普通車なら値段付かない状態でもキャンピングカーなら値段がつく、20年落ちの車両が300万くらいでも平気で売っているくらいです。逆に言えばその年式でも値段がつくと言うことになります。

さてここで暗礁に乗り上げた感じです、市場に中々出てこないレア車な上に値段が高いとなると新車か?とも考えたくなります。

此処から年末まで中古車探しと新車検討と悩む日々が続きます。