無知な僕と無茶と理想

キャンピングカーマッシュ、ナンシーと愉快な家族で行く、人生旅行記である

自由を求めてその先へ第57話 涼しい所は腹一杯?

皆さんこんにちは、死ぬほど更新ペースが落ちているナンシーです、すいません( ノ;_ _)ノ。

 

いよいよ夏に近付き、連日暑さが日に日に酷くなっていますね。

 

天気が良かった日曜日も気温が上がるのが予想される為、涼しい所へでも行こうか、、、となったのです。

 

涼しいついでに食べ放題

国道156号線を北上し、目指すは岐阜県郡上市

今年、当たったリフト券で行った、スキー場の多い地域ですね。

 

今回目指すのは、あみだが滝荘流しそうめんです。

 

岐阜県内には数ヶ所、流しそうめんを行っている店があります。

 

今回行った

あみだが滝荘流しそうめん

阿弥陀ヶ滝荘 | スポット検索結果|郡上満喫 郡上市観光連盟

同じく郡上市にある

釜ヶ滝滝茶屋

元祖流しそうめん 釜ヶ滝滝茶屋

大滝鍾乳洞

郡上八幡・大滝鍾乳洞【公式ホームページ】

岐阜県中津川市付知町にある

料理民宿 不動滝ひろづき

不動滝 ひろづき

 

と、結構あったりします。

 

この中で釜ヶ滝滝茶屋と大滝鍾乳洞は行った事があります。

釜ヶ滝滝茶屋はそれぞれ、テーブルで流しそうめんを楽しむスタイル。

只、テレビで放送されてから非常に混雑するようになり、タイミングが悪いと2時間待ち(土日祝ですかね)となったりします。

けれど、とても涼しい所で雨降りなんかだと寒いくらい((( ;゚Д゚)))

 

大滝鍾乳洞は鍾乳洞に入るチケットに+400円で流しそうめんが食べられます。

良いところはつゆが何回でもかえられる事。

他の所は1杯のみで後は追加になりますからね。

只、立ち食いとなっています。

 

で、今回のあみだが滝荘流しそうめん

いつもの釜ヶ滝滝茶屋が混雑・マッシュだと木がバキバキ当たる為、行くのを変更になりました。

 

こちらの道も未知数なので多少心配でしたが、、、。


f:id:yuki-ka119:20180702122504j:image

無事、到着。

木の張りだし等も無く、キャブコンのマッシュでも余裕でした。

キャンピングカーは来やすいですね。

 

駐車料金は500円、ここから5~600m程歩くと


f:id:yuki-ka119:20180702122840j:image

森の中にありましたヽ(*´∀`*)ノ

 

料金は1人700円だったかな?

岩魚の塩焼きが付くと1000円になります。

そうめん3人分と岩魚付き1人分を注文、そうそう駐車券に50円引きの割引券がついてますよ、僕は忘れたんだぜ( ;∀;)

 
f:id:yuki-ka119:20180702123744j:image

行った時がちょうど昼時で混雑していた為、下手したら1時間待ちか、、、とか考えてると、15分もしないうちにあっさり順番に。


f:id:yuki-ka119:20180702123653j:image

つゆを用意して貰い、頂きます( ノ;_ _)ノ。

釜ヶ滝滝茶屋とは違い、長い席に座る相席スタイル。



f:id:yuki-ka119:20180702124825j:image

席の両端で定員さんがそうめんを流してくれます。

それを取って


f:id:yuki-ka119:20180702124849j:image

パクパク ゜∀゜)


f:id:yuki-ka119:20180702125009j:image

ムシャムシャ ゜∀゜)

と、食べていきます。

僕もしっっっっっっっっかりと食べました。

 

薄くなってきたら薬味のワサビを入れ、つゆがワサビ味になり、それを通り越した水味になるまで(  ̄- ̄)

 

途中で岩魚の塩焼きが登場、が、、、

写真を撮る前にぺろり(o・ω・o)

子供達にかかったら、岩魚の1匹なんて、、、。

 

お腹一杯食べた後は少し運動をしに、流しそうめん屋さんの奥にある阿弥陀ヶ滝を目指してみます。

 

それと、ここまで来る間にこんな看板。


f:id:yuki-ka119:20180702184254j:image

うむ(;´Д`)´д`);´Д`)´д`)ウンウンいるよね~

人の気配がすれば大丈夫そうだけど、いることは忘れないでね。