読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンピングカー購入するのか?記 第4話

今回はメリットデメリットを書いていきたいと思います。

先ずはキャブコンから、良い所は車内の広さにつきますね。まず高さ、腰を曲げたり首を曲げたりしないで真っ直ぐ立てるというのはキャンピングカーでは重要だと思っています。
基本、家に居るのと同じ感覚でいるので頭上を気にせずに使えるのは楽ですね。そしてバンクベッド、小さい物でも大人1人大きい物だと3人就寝できるベッドになります。
後はスペースに余裕があったりするのでエアコンや電子レンジ等の電化製品を取り付けたりすることも出来ます。
ここまでですと良い事ばかりですが弱点もあります。
動力性能、足周りの柔さ、背が高い事による移動制限等が出てきます。動力性能、足周りに至っては使用されているベース車が国産車ではトラックベースが多いので乗り心地が悪かったりします。
まあハイエースベースの物もあるのでそれであればワンランク上になるかもしれません、値段も上がっていくので財布との相談になりますね。
高さは立体駐車場には確実に入れなくなります、後は高さ制限のある鉄骨、コンクリート等のガードトンネルも通れないです。

続いてはバンコンになります。
ハイエースベースが大半をしめますが、他にも日産のキャラバン、NV200、セレナ等のミニバンも使用されています。
良いところしてはキャンピングカーには見えないとこですかね。キャブコンとかだと嫌でも目につくんで,,,。
後は日常での使いやすさ、立体駐車場が利用出来たり(サイズにもよります、スパロンとかはムリ‼)動力性能、足周りも乗り心地が良かったりします。
悪いところとしてはスパロンでも身長が高いと首、腰を曲げたりしなければならなかったり( PERFECT HUMANってなります)、車体を弄らないためスペースに余裕が無かったりします。
ですがバンコンにはポップアップルーフと呼ばれる物があり、就寝するようなときに屋根を上げて立ち上がれるスペースを作ったりベッドにしたり出来たりします。

次に軽キャンパーですが、今大変人気のジャンルになってますね。普通の軽自動車とかわらないので維持費がかからない、車体が小さいので狭い道路や駐車場でもラクラク走って行ける所がメリットですね。他のキャンピングカーよりも購入価格が安いのも魅力です。
しかし欠点もあります、やはり車体が小さいため人数が多いと狭すぎます、精々趣味で独りで使用するか夫婦二人が限界の用な気がします。

バスコン、フルコンなどは車体の大きさがあるため余裕の室内で出掛けた先でも快適に過ごせるでしょう、反面その大きさのため取り回しには苦労するとは思います。

トレーラー、トラキャン等は使わない時は車体と別々に切り離して置ける所です、子供の勉強部屋にしたり趣味の部屋にしたりする方もいるようです。 基本的に後部分だけなので購入価格も押さえられています。
デメリットは連結し車で走っている最中は部屋部分に乗り込めません。

以上簡単な説明でしたが間違っていても優しくコメント等してください。それでは次回に。